更年期障害の市販薬と言えば?

女性は、閉経を挟んだ10年の間に更年期障害の症状が現れやすくなると言われていますが、その症状の中でも、ホットフラッシュという急なほてりや発汗、イライラしたり、うつっぽくなったりと色々と大変だと聞きます。

こんな更年期障害の症状を緩和する為に病院では、ホルモン補充療法という治療方法が行われているそうですが、その内容は、エストロゲンを補充する方法です。また、エストロゲンだけでは、治まらない場合は、プロゲステロンも使うそうです。

でも、これ以外にも解決できる方法があるらしいです。
それが、更年期障害の市販薬を使用した方法ですが、市販薬の中身は、天然のプロゲストクリームというものが多いのだとか。

ヤムイモを原材料としていて、その成分の中に、プロゲステロンと同じような働きというか、プロゲステロンを作る原材料となるものが入っているらしく、これが、更年期障害に有効と言われているそうです。

他にも、エストロゲンだと、大豆イソフラボンが同じような働きをする事から、美容にも良いと言われていますが、病院で処方される薬よりは、食品由来の方が安心だなと個人的には思いました。